ガーデンエルロイ

名前の由来

ガーデンエルロイはキリスト教精神に基づいて運営されています。キリスト教精神は聖書(新約聖書・旧約聖書)がその原点です。ガーデンエルロイの名称や建物はそのような意味で聖書からとられています。

■ガーデンエルロイ

ガーデンエルのエル、ガーデンロイのロイは旧約聖書創世記16章13節にある「アッタ・エル・ロイ(わたしを顧みられる神)です」つまりアッタは「あなた」、エルは「神」、ロイは「顧みる」というヘブライ語から来ています。
わたしたちイエス団の創始者である賀川豊彦は、少年時代、両親を亡くし、生まれ故郷の神戸を離れ、継母の家がある徳島で過ごしました。遊び相手は、暴れ川といわれる四国三郎(吉野川の通名)だけという孤独な中で、キリスト教に出会い「アッタ・エル・ロイ」が座右の銘となりました。つまり「どんなに見捨てられた存在であっても、いつも神はそばにいて見守って下さっているので、安心しなさい」という意味で、創始者の生涯にわたる原動力となりました。乳児院、児童養護施設創設にあたり、厳しい環境にあった子どもたちには、賀川さんと同じく、いつも神がそばにいて豊かな愛情を注いでくださっているという確信こそが、これからの子どもたちの未来を切り開いていく原動力となると命名されました。
賀川さんはいろいろなところで、アッタ・エル・ロイを使っています。大正時代、神戸に創った児童館の名前が「アッタ・エル・ロイ」でした。また、関東大震災の時、本所で救援活動・セツルメント活動を行いましたが、その時に設立した質屋の名前が「神視社」(現在の中之郷信用金庫)です。まさに神が見守っている(アッタ・エル・ロイ)会社です。イエス団では同じ意味で命名された「神視保育園」が神戸で活動しています。

■マナ(親子訓練棟)

マナとは旧約聖書出エジプト記16章4節にある神が約束した天からのパンをさします。厳しい環境にあっても神からの恵みはいつも与えられるとの意味で名づけられました。

■ハンナ(ファミリーホーム)


  ホームページをご覧ください。

■マリア(ガーデンロイの地域小規模児童養護施設)

イエス・キリストをお産みになったマリアから命名しました。大切なものをはぐくむ女性に成長するようにとの願いを込めて命名されました。

ガーデンエルロイと法人の概要

賀川豊彦献身100年記念事業として

社会福祉法人イエス団は、創設者である賀川豊彦が、1909年12月24日、病に蝕まれ余命いくばくもない体をかかえて、残された生涯を貧困に喘ぐ人々の救済にささげるため、 神戸のスラムに身を投じたことから始まりました。
それから100年の時を経て、記念事業の一環としてガーデンエルロイは設立されました。
賀川豊彦の志を継承し、掲げられた「ミッションステートメント2009」に記された

わたしたちは、いのちが大切にされる社会をつくりだす
わたしたちは、隣り人と共に生きる社会をつくりだす
わたしたちは、違いを認め合える社会をつくりだす
わたしたちは、自然が大切にされる社会をつくりだす
わたしたちは、平和をつくりだす

という心から生まれた施設と言えます。

法人概要

イエス団は、イエスキリストの生き方に従い、その生涯を最微者(いと小さき者)のために捧げられた賀川豊彦先生(1888~1960)によって創設されました。
未来の社会を築くのは子供たちだと、保育の大切さを唱えられ、保育園をはじめとした児童施設や、ハンディキャップをもった人たちの福祉施設、 また老人施設まで幅広い事業を展開し、現在では関西圏を中心に約40の施設で活動を進めています。

所在地
〒651-0076
神戸市中央区吾妻通5-2-20
賀川記念館3F
TEL:078-221-9565 FAX:078-221-9566


   イエス団の理念 (社会福祉法人イエス団サイトへリンク)
   イエス団の沿革 (社会福祉法人イエス団サイトへリンク)