ガーデンロイ

ガーデンロイのご案内

ガーデンロイ23の持ち味(2017年7月1日現在)

☆大阪府で最も小さな定員30名の児童養護施設です。4ホームで運営しています。

☆生駒の中腹、標高100mの豊かな自然の中にあります。

☆建物はすべて杉の木でできています。

☆毎月嘱託医と連絡会を開催し子どもたちの健康を守っています。

☆乳児院ガーデンエルと同じ敷地にあり助け合って一貫養育を行っています。

☆乳児院ガーデンエルと協力してファミリーホーム「ハンナ」を創設し支援しています。

☆入所児童の2/3は小学生、1/3は幼児です。小学5年生が最年長になります。

☆1ホームに6~8名の子どもたちが生活をしています。(すべて小規模グループケア体制)

☆家庭的であるようにホームで調理を行ってそれぞれのホームで食事をしています。

☆個の尊厳を守るために子どもも職員も名前を呼び捨てにしません。

☆毎月、「にこにこ」という個別時間を取り、子どもたちの要望や苦情を受けています。

☆個別時間を多くとり職員が子どものよりどころとなるようにしています。

☆意見表明の場として、毎月、子ども会議を開いています。

☆現代社会の課題でもあるこころ面の支援も充実させています。

☆週末里親を積極的に受け入れて家庭体験ができるようにしています。

☆よい出会いの場として積極的にボランティアを受け入れています。

☆みんな大切な存在なので誕生日を大切にしています。

☆ライフ・ストーリー・ワークを積極的に取り入れています。

 ※子ども自身が生立ちを肯定的に受け止め自己の人生の物語を紡ぐ作業

☆セカンドステップ講習会を開催し人との付き合い方を学んでいます。

☆ペアレントトレーニングを通していろいろな社会のルールを学びます。

☆子どもへの暴力防止講習会(CAP)から自らのいのちを守るすべを学んでいます。

☆小学生は学習塾へ通うか個別学習指導のどちらかで学習支援を受けています。

☆2017年8月地域小規模児童養護施設を1カ所開設予定です。

 

ガーデンロイの職員アンケートから(2016年10月実施)

☆ガーデンロイの子どものよさ

 第1位 素直な子どもが多い
 第2位 やさしい子が多い
 第3位 元気な子が多い

☆ガーデンロイの職員のよさ

 第1位 子どものことを一番に考えている
 第2位 若い職員が多く活気がある
 第3位 若い職員が多いので柔軟な考えを取り入れて子どもに関わることができる

☆ガーデンロイの強み

 第1位 一人ひとりの子どもとかかわる時間が長くもてる
 第2位 ホーム担当職員の人数が多いので、子どもをよく見ることができる
 第3位 新しい施設なのでみなで作り上げることができる